ステロイドとは?簡単にわかりやすく説明


医療関係者は糖質コルチコイドを人工的に作り出したものを副腎皮質ステロイド(略してステロイド)と呼ぶ

スポンサーリンク スポンサーリンク

はじめに

こんにちは。

おじさん薬剤師のTOYOFUKUです。

今日はステロイドについてです。

この記事では、ステロイドとは一体なんなのか?について説明します。

実際、ステロイドとは何かを正確に説明できる人は少ないのではないでしょうか?

できるだけ簡単にわかりやすく書きました。

ぜひご覧ください。

関連記事

3つの六角形と1つの五角形が合体したこの形をもつ物質がステロイドステロイドとは?簡単にわかりやすく説明

 

ステロイドの抗炎症作用、免疫抑制作用ステロイドの作用機序を簡単にわかりやすく説明

 

ステロイド塗り薬の副作用を添付文書で調べて難しい言葉を解説!

 

スポンサーリンク スポンサーリンク

ステロイドとは~広い意味で~

広い意味で言うとステロイドとは、

ステロイド核と呼ばれる形(3つの六角形と1つの五角形が合体している構造)を持った物質のこと

を言います。

3つの六角形と1つの五角形が合体したこの形をもつ物質がステロイド

この形をしていればステロイドなので、

男性ホルモン

女性ホルモン

胆汁酸(脂質を消化する成分)

・さらにはコレステロール

もステロイドの一種となります。

スポンサーリンク スポンサーリンク

ステロイドとは~少し狭い意味で~

数あるステロイドの中で、ホルモンとして作用するものをステロイドホルモンと呼びます。

ホルモンとは、体の特定の場所で作られて体の機能を正常に維持するために働く物質のこと

このステロイドホルモンを略してステロイドと呼ぶ人達もいます。

ステロイドホルモンを略してステロイドと呼ぶ

ステロイドとは~狭い意味で①~

そしてステロイドホルモンは

副腎皮質ホルモン

性ホルモン

に分けられます。

副腎皮質ホルモンは腎臓の上にある副腎が作っています。

性ホルモンは精巣や卵巣 が作っています。

 

さらに副腎皮質ホルモンは

糖質コルチコイド(グルココルチコイド)

鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイド)

の2種類にわけられます。

 

糖質コルチコイドは

炎症や免疫を抑えたり、血糖・脂質・骨の代謝

に関与します。

 

鉱質コルチコイドは

ナトリウムやカリウムなどの電解質を調節して高血圧

にも関与します。

 

医師や薬剤師にとって重要なのは糖質コルチコイドです。

炎症と免疫を抑える作用があるためです。

この糖質コルチコイドを人工的に作り出したものを副腎皮質ステロイドと言います。

医師や薬剤師は、狭い意味でこの副腎皮質ステロイドをステロイドと呼びます。

副腎皮質ホルモンは糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドに分類され人工的に糖質コルチコイドを作り出したものを副腎皮質ステロイド、略してステロイドと呼ぶ

 

ステロイドとは~狭い意味で②~

性ホルモンには

男性ホルモン(アンドロゲン)

女性ホルモン(卵胞ホルモン=エストロゲン、黄体ホルモン=プロゲステロン)

があります。

 

男性ホルモンの一つであるテストステロンは筋肉を増強する作用があります。

スポーツに従事する人たちは、この男性ホルモン(またはそれと同じような物質を人工的に作ったもの)をステロイドと呼ぶことがあります。

男性ホルモンをステロイドと呼ぶこともある

 

まとめ

以上のことをまとめてみました。

ステロイドの意味は様々

言葉というのは省略して使われてしまいます。

省略されることで正確な意味がわからなくなった言葉の一つに「ステロイド」があるのではないでしょうか?

テレビや新聞でも「ステロイド」という言葉に出会います。

どのステロイドのことを言っているかは前後の話の文脈で読み取るしかないでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です